クラフトサイエンス一級建築士事務所

大工の手仕事がひかる木造新築

大阪府茨木市 M邸

かつて城下町として栄えた茨木には「うだつ壁」のある伝統的な町家が数多く残っています。そんな伝統建築をレスペクトした外観デザインは、この住宅の特徴のひとつです。ゆるやかな「むくり」をもつ瓦屋根、杉板張りの茶と白いしっくいのコントラスト、軒裏に防火シャッターを組み込んだ木製建具の開口部など、美観と防火性能を同時に備えたディテールを追求しました。内部は柱や梁をあらわしにした真壁造りで、構造材も手刻みにこだわり、欄干や床の間など細部意匠にも大工の手技がひかります。吟味された素材、きちんと手間をかけた職人仕事によって、伝統的な日本家屋のもつ心地よさを現代に生かしています。

施工:羽根建築工房