クラフトサイエンス一級建築士事務所

築30年のマンションリノベーション

東京都足立区 T邸

築30年のマンションを夫婦の終の棲家として、上質で落ち着きのある住まいへとリノベーション。南側には公園、東の窓からは荒川の河川敷が望め、通風・採光・眺望などが好条件であることから、ご夫婦は他所への移転ではなく、次世代へと引き継いでいけるリノベーションを選択しました。かつては東側にしか窓のなかったLDKを南側によせ、広々とした明るい一体空間にしました。老後の生活を考え、フロア全体をバリアフリー化。リビングの半分は、天井に仕込んだロールスクリーンを下ろせば、子供たち家族が泊まれる寝室に早変わり。キッチンから食品庫、洗面所、廊下へと抜ける回遊式の家事動線や、たっぷりした収納を確保するなど、フレキシブルで機能的な終の棲家となりました。

施工:中島工務店東京支店